FC2ブログ

鎌倉生活や食に関する記事など日々の出来事を徒然なるままに書き綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

旧鎌倉その2

前回は旧鎌倉の西と南側の地域を説明したので、今回は北と東側について。


 <旧鎌倉北側>
ここは八幡宮の北側と厳密には旧鎌倉ではないが、北鎌倉も含めることにしたい。


 ①山ノ内
北鎌倉駅周辺部がこの山ノ内と呼ばれる地域で、
厳密には切り通しの外にあり、旧鎌倉ではない。
円覚寺や建長寺などの大寺院があってほとんど開発が進まなかったことから、
旧鎌倉以上にしっとりした古都の雰囲気が色濃く残っており、
しかも手頃な価格で物件が出てくる。価格としては建売新築で4500万くらいから、
土地を買って家を建てる場合は5000万でいけるものと思われる。
しかも、北鎌倉までだいたい20分以内の距離にある。
難点は鎌倉以上に山深い土地なので物件はだいたい谷戸部のものになり、
場合によっては急な坂や車の入らない土地、湿気の多い土地であることなどがある。
去年の梅雨時に売れ残っていた建売を内覧したら畳がカビていてびっくりした。
以上のように難点もあるが、町並と価格は非常に魅力的である。


 ②西御門
八幡宮のすぐ北にある谷戸。
ここは駅から徒歩で20分くらい距離だが、手頃な価格で物件が出てくるのでおすすめ。
建売なら4000万円台後半で物件が出てくる。
湿気の度合いも個人的には山ノ内ほどではないと思う。
ただ谷戸なので山に面した土地や多少の坂は覚悟しないといけない。


 <旧鎌倉東側>
往時の鎌倉の中心地は今の駅のある周辺ではなく、若宮大路から東の地域だったそうである。
若宮大路が京から攻め込まれた場合の最終防衛ラインとして想定され、
幕府の本拠や北条一門の屋敷などは東側の谷戸に配置されていることからも分かる。
そんなわけで東側は歴史的遺跡が多く、今も往時の鎌倉の雰囲気が残っていることが多い。
しかし、駅からはちょっと遠くなるので、西や南に比べると割りと手頃。


①小町
鎌倉駅東口を出るとこの地域。ここはもろに中心地なので相当に高い。
若宮大路を一歩入ったとおりに面した土地などは坪単価190万はする。
なので、小町1丁目、2丁目は諦めた方が無難で狙うなら東勝寺橋奥の3丁目あたり。
ここならリーマンの年収でも手が出る物件が出てくる可能性があるが、
小町と言いながらも結構坂がきつかったりする。


②雪ノ下
小町の北側の地域で八幡宮の周辺部の土地を指す。
駅までのアクセスは徒歩で15-20分くらいといったところ。
1丁目、2丁目、3丁目はやはり高くて7000万くらい用意できないと手が出ない。
狙うなら東側の4丁目、5丁目。
広さや新築に拘らないなら4000万円台で物件が出ることがある。


③浄明寺
雪ノ下の東側で、金沢街道沿いに分布する地域。
金沢氏はちなみに北条一門の家系である。
1丁目から6丁目まであるので丁目によってかなり雰囲気が違う。
1丁目は雪ノ下のとなりにあり、駅まで徒歩20-25分くらい。
歩くと水の澄んだ川に何匹もの鯉が泳いでいたり、昔ながらの魚屋さんなどがあったりして、
雰囲気は閑静でゆったりしている。
価格も雪ノ下より若干安いのでねらい目だが、あまり物件は出てこないようである。
2丁目はさらに川沿いに東に進んだところにある。
竹寺で有名な報国寺や華頂宮邸などがある地域。
どうも報国寺の土地が多いようで、借地物件が多い。
この辺まで来るとバス便で駅までいくことになるが、環境は鎌倉らしさが残っている。
3丁目は鎌倉五山の浄妙寺があり、その門前の通りは風格ある門構えの家が並んでいる。
価格は1丁目とかよりは安いだろうが、中古でも5000万近くは用意しないと厳しい。
4丁目、5丁目はその東側の地域だが、ここまで来てもそんなに値は落ちず、
やはり5000万程度の資金が必要。近くに茶道の家元の家があったりする。
その先にある6丁目は鎌倉逗子ハイランドと言って、西武が開発した新興住宅地域。
土地も整然としており、西友もあって便利なところだが、
旧鎌倉の雰囲気に拘る人にはチョイスに入ってこないかもしれない。


②二階堂
金沢街道の北にある地域。
ちなみに二階堂氏も北条一門衆。
永福寺跡地や夢想疎石の作った禅寺庭園のある瑞泉寺などがあり、
ここも歴史的な雰囲気が色濃い地域。
日本画家の平山郁夫氏もこの二階堂に住んでいるのだが、
しっとりした日本家屋で大きな家なのだが、派手でなく鎌倉の雰囲気にあった邸宅で、
さすが平山氏と思わせる。
ここだと、5500万くらいで土地を買って家を建てたという事例があるそうだ。
しかし冷静に考えると、注文建築の場合は6000万、
中古の場合は5000万は見ておく必要がある。


というわけで、総括すると、旧鎌倉地域で6000万円以内の予算に収めて、
まともな家や土地を探そうと思うなら、
二階堂、浄明寺、西御門あたりに絞られてこよう。
現に筆者は上記予算内でこの地域に絞って物件を探しまくって、
半年ほどで70坪の中古住宅を買うことができました。


もっと価格を落とすなら、山ノ内。
狭くても海側がいいなら由比ヶ浜や材木座、長谷と言った感じで
目的を持って土地を絞って探すといいと思う。
探す地域が決まったら、あとは不動産屋に接触である。
次回は不動産屋について書きたいと思う。

スポンサーサイト

コメント

↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

皎月斎

Author:皎月斎
鎌倉に移住して来た江戸っ子です。
食通とは思っていませんが、
うまいものを食べるのが好きです。

他には日本美術にも興味があります。
夏場は主に湘南でセイリングをしてます。
どうぞ宜しく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。