FC2ブログ

鎌倉生活や食に関する記事など日々の出来事を徒然なるままに書き綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

鎌倉市の地域区分(鎌倉移住ガイド5)

筆者は家を探す地域としては湘南のうち、鎌倉市内で探してみようと言うことになったのだが、
鎌倉はおおざっぱに5つほどの地域に分かれていて、町の雰囲気は大きく異なる。
これから、家を買う人の参考までに地域のイメージを書いておきたい。
①大船地域及び玉縄地域
まず、東京から電車で向かうと、鎌倉市内に入るのは大船地域と玉縄地域だろう。
大船地域は大船駅の東側一帯を指し、玉縄地域は西側一帯を指すようだ。
大船駅周辺はデパートやスーパーもあり、各線へのアクセスもよく交通の便もよい。
物価も鎌倉駅周辺に比べると安いそうで、非常に暮らしやすい町のようである。
しかしながら、悪く言えばふつーのベッドタウンなのである。
いわゆる我々が鎌倉と聞いてイメージするような雰囲気はこの地域にはない。
ただし、その分、旧鎌倉などの不動産より価格は低めだし、
旧鎌倉のようにどこにいっても山があったり、
道路が狭かったりというような癖のある土地は少ない。
この地域で鎌倉らしい土地柄を求めるのであれば、何といっても北鎌倉である。
北鎌倉は北条家の所領であったこともあり、
建長寺や円覚寺などの日本を代表する禅宗寺院が立ち並び、
旧鎌倉以上にしっとりした古都の雰囲気を良く残している。
ただし、駅前も円覚寺の境内の中なので、買い物は隣の駅までいかねばならないが。
価格帯も旧鎌倉より値頃感があるというのが私の印象である。


②鎌倉地域(いわゆる旧鎌倉)
鎌倉と聞いて我々が一般にイメージするのはここのことで
鎌倉駅周辺の幕府があって政治的首都機能を持っていたのはこの地域。
7つある切り通しの中の地域で、面積としては山と海に囲まれ、まともな土地は少ない。
平均価格帯は最も高いし、物価も高い。
その上、御成町や小町などの地域を除けば、大抵の土地は駅までの距離が遠く、
バス便を覚悟しなけりゃならんときている。
しかし、鎌倉にしかない独特の雰囲気は何物にも変えがたく、
それでもやはり住みたいと思う人は絶えない。


③深沢地域
大船駅から湘南モノレールに乗ると大体この地域に入っていくことになる。
この地域は西鎌倉などの大規模に開発された新興住宅地域になり、
区画整理されて整然とした家が立ち並ぶ、
スーパーやコンビニも近くに用意されていて住むにはとても便利な町である。
もちろん、旧鎌倉のように土地の接している一方が必ず山みたいな土地もないし、
いい意味でふつーの土地が手に入る。
まあ、山を全面的に切り崩して作ったので当たり前だが。
だが、スーパーやらコンビニまであって、いかにも業者の思惑通りの住宅地という、
感じがして私はあまり好きではない。
印象としては田園都市沿線の青葉台やたまプラあたりにある新興住宅地に似ている。
あくまで私見だが。


④腰越地域
義経が頼朝に腰越状書いたことから、この名が付いた地域。
鎌倉駅から江ノ電に乗り換えると大体この地域をカバーすることになる。
稲村ガ崎や七里ヶ浜があり、まさにThe湘南の景観。
湘南らしい海見えの家を探すならこの地域だろう。
腰越漁港などがあって、市場で相模湾で取れる新鮮な魚も手に入る。
ただし、価格帯は旧鎌倉の次くらいに高く、
5000万円台でも都心並みの狭小住宅しか買えない可能性もある。
だが、七里ヶ浜で見る夕日は最高である。


ちなみに筆者はこの中から②の鎌倉地域を選択。
家探しもマーケティングと同じで、できる限り、設定対象を絞ることが大事だと思う。
旧鎌倉もさらに特性によって別れるので、これはまた次回書いてみたいと思う。

スポンサーサイト

コメント

↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

皎月斎

Author:皎月斎
鎌倉に移住して来た江戸っ子です。
食通とは思っていませんが、
うまいものを食べるのが好きです。

他には日本美術にも興味があります。
夏場は主に湘南でセイリングをしてます。
どうぞ宜しく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。