FC2ブログ

鎌倉生活や食に関する記事など日々の出来事を徒然なるままに書き綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

対象地域の絞込

そういうわけで、価格と物件を絞り込んだら、次は物件を探す地域をどうするかである。
とても湘南全域の物件を見て回るわけには行かないからだ。
湘南といっても明確な区分があるわけではないが、
筆者のイメージでは市区町村で言えば葉山から大磯までの地域が湘南といっていいと思う。


ちなみに湘南ナンバーは葉山や鎌倉が入っておらず、
海に面していない寒川町とかが入っていたりと政治色が強くて、
どうも僕のイメージする湘南とは違う。


各地域のイメージは東から順にこんな感じ
①葉山
古くは鎌倉武士が別荘を構えた所で森戸神社など鎌倉時代の寺社も残っており、
日影茶屋等の古い料亭も残る。
近代に入ってからは日本のヨット発祥の地とされ、
御用邸もあることから別荘文化が発達し海沿いは小洒落た店が立ち並ぶ。
全体的にスローな街の雰囲気、ビーチも静かで比較的綺麗、
物件価格も鎌倉や藤沢に比べると割安なところは押し。
但し、電車が通っておらず何事も車がないと始まらないところなのがネック。
通勤も逗子駅までバスなのでけっこうかかる。


②逗子
逗子マリーナがあり、石原裕次郎などのかつての太陽族の地元。
雰囲気は葉山に似た印象があるが駅から歩いてビーチにいけること、
物価の安さ、横須賀線の始発があるので確実に座って通勤できることもあり、
湘南地域の中では暮らしやすさは抜群と思われるが、
徒歩圏の不動産価格は葉山より高め。
但し、鎌倉や葉山のようなブランド力はなく、静かな海辺の田舎町という感じ。
イメージにこだわる人はあれかもしれない。


③鎌倉ご存知のように鎌倉幕府が置かれ200年間は実質的首都機能を持っていた町。
海沿いは七里ヶ浜、由比ヶ浜などがあり、まさにThe湘南といった景色。
駅のある山側には八幡宮や寺社仏閣が立ち並び、しっとりとした古都の雰囲気。
お店も古くからあり、明治に入ってからは文士たちがこぞって住んだ。
以上のことから、ブランドイメージは高いが、物価も高く、
不動産の価格帯は湘南地域でもっとも高いと思われる。


 ④藤沢
江ノ島を抱えており、鵠沼や片瀬などの海沿いの地域は湘南の中心地。
鎌倉逗子葉山などが伝統色が強いと対照的に藤沢と茅ヶ崎はサーファーの町と言う印象で、
実際海沿いの地域は金を持ったサーファーとかが買っている模様。
但し、駅中心部はそんなに湘南の雰囲気は感じられない。
藤沢市自体も北に大きく伸びている為、内陸部は除外して考える必要がある。
海沿いの地域は鎌倉の次に高いと思われる。
後は、通勤を考えると東海道線は相当に込むので、その辺は覚悟しないといけない。


⑤茅ヶ崎
藤沢とともに湘南地域の中心的な存在で、
烏帽子岩などがある海沿いはまさにサザンの歌詞のイメージ。
北側は工業地帯ともなっていて藤沢同様に切り離して考える必要がある。
当然海沿いの南側の方が価格も高い。
通勤に関しても東海道線を使うので藤沢同様になかなか大変である。


 ⑥平塚
平塚は七夕祭りくらいしか訪れたことがないのだが、
基本的には駅の北口と南口で雰囲気が大きく異なる。
北側は宿場町だったこともあって歓楽街っぽい感じ。
いずれにしても買うとしたら南側じゃないと湘南の雰囲気は楽しめないだろう。


 ⑦大磯
個人的なイメージではここが湘南地域の西端だろう。
吉田茂や伊藤博文やらの別荘があった為、
葉山と同様に別荘文化で発展した地域と言えるだろう。
さすがに都心からだいぶ離れているので、土地の値段はそんなに高くない。
ビーチもきれいだし、いい町だと思うが、いかんせん通勤時間が・・・


 とこんな感じの湘南の町だが、
やはり人の好みがあるので色々見て対象地域を絞っていけばいいと思う。
筆者はヨットをやっているので、サーファー文化の藤沢や茅ヶ崎は落ち着かない感じなので、
鎌倉逗子葉山にまず絞ってみた。
その後、軽く物件を見学して、
やはり葉山は通勤時間の長さと何事も車がないと始まらない環境から却下。
逗子は住環境抜群だが、鎌倉のあの特別な雰囲気に魅せられて、
ひとまず逗子は置いておいて鎌倉で物件がなかったときに検討することにして
鎌倉で物件を探してみることになった。

スポンサーサイト

コメント

↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

皎月斎

Author:皎月斎
鎌倉に移住して来た江戸っ子です。
食通とは思っていませんが、
うまいものを食べるのが好きです。

他には日本美術にも興味があります。
夏場は主に湘南でセイリングをしてます。
どうぞ宜しく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。